診療案内

ごあいさつ

B1A1C4B9

こんにちは、院長の中山和宣です。

当院では、飼い主の皆様との対話を大切にし、病気の治療方針などを一緒に決めていきたいと考えております。また、言葉を話せない動物たちには、病気にならないようにしっかりと予防をしてあげることが、もっとも大事なことであり、疾病予防に力を入れていきたいと考えております。健康状態のチェックや気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

診療対象動物

犬 猫 うさぎ ハムスターエキゾ

一般診療

内科・外科・皮膚科・眼科など幅広く診療を行っております。

予防診療

当院ではワクチン接種、フィラリア予防、ノミ・ダニ予防等の各種予防を行っております。予防をすることで防げる病気はたくさんあります。大切な家族を病気から守るためにもぜひ予防してあげてください。

Dogドック・Catドック

ワンちゃん、ネコちゃんは私たちよりもずっと早く年をとります。元気だと思っていてもゆっくり病気が進行していることもあります。

当院では病気を早期発見し元気に長生きしてもらうために、少なくとも年に1度の健康チェックをすることをお勧めしております。

 

ドック内容

一般身体検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、尿検査、体脂肪測定

年齢や状況により、内分泌(ホルモン)血液検査・アレルギー検査

※事前のご予約が必要になります。TEL  047-330-4970

※半日お預かりいたします。

 

不妊・去勢手術

不妊・去勢手術は望まれない子犬や子猫を増やさないようにするという目的もありますが、早期に実施することにより問題行動(マーキング・攻撃性)の改善や、オス特有の前立腺・精巣の病気の予防、メス特有の子宮・卵巣・乳腺の病気の予防につながります。

予防歯科・歯科処置

歯周病は多くのワンちゃんネコちゃんが抱える病気です。歯周病があると、口臭がひどいだけでなく内科的なトラブルにも発展しかねません。
歯周病の原因となる歯垢は、日常からの歯磨きで取り除くことが可能です。毎日のブラッシングで歯垢をなるべく少なくすることが基本的な予防になります。
歯垢が歯石となってしまうと歯ブラシでは取り除くことができないので、病院で定期的に検診を行い歯科治療が必要な場合には超音波スケーラーにて歯石の除去をいたします。
当院では口腔内ケアを見直すデンタルフェアを定期的に開催し、ケアの方法などの疑問にスタッフがお答えいたします。

 

レーザー治療について

当院では半導体レーザーを取り入れたレーザー治療を行っています。半導体レーザーとは、強い光のエネルギーを利用して様々な治療を行うことのできる医療機器です。従来であれば無麻酔では行えないような処置も、レーザーを用いることで痛みの少ないやさしい治療を提供することが可能になりました。

 

痛みの緩和・炎症抑制

レーザー光を患部に当て、血行や細胞の活性化を促した温熱治療により炎症や痛みを緩和します。「鍼」や「お灸」に近い治療と言われており、レーザーを当てることによる動物への痛みや副作用はありません。暖かい光が当たるので、動物たちは気持ちよさそうにしています。

関節炎やヘルニア、歯周病などの治療に応用しています。

 

腫瘍の蒸散

無麻酔もしくは局所麻酔にて体表の小さな腫瘍・イボなどの切除・蒸散(高温領域で温熱療法を行い気化させること)が可能です。摘出・蒸散部位は出血はなく縫合も必要ありません。軽い負担で切除ができます。

 

レーザーアブレーション

レーザーファイバーを腫瘍内に差し込みレーザーを照射することで、内側から腫瘍を蒸散させます。無麻酔あるいは局所麻酔での実施になるため、全身麻酔へのリスクが懸念される動物にも施術することができます。

 

止血(シーリング)・切開

半導体レーザーをレーザーメスとして使用することで、出血や組織への侵襲が少なくて済みます。縫合糸を使用して結紮を行うのではなく、レーザーを利用してシーリング(密封)を行い手術をすることで施術時間を短縮します。結果、手術の効率化により全身麻酔の時間が短くなり、動物への負担を軽くすることが期待できます。また、縫合糸を使いませんので、体内に残る糸に過剰反応して起こる縫合糸反応性肉芽腫を防ぎます。

 

マイクロチップの装着を推進しています

マイクロチップは直径約2mm、長さ約11mmの生体適合ガラスで覆われた電子標識器具です。P1010020 (2)

読取器(リーダー)で読み込んだマイクロチップ内のナンバーを基に、個体の名前や生年月日、飼い主名や連絡先などの情報をセンターに照会することができます。これにより迷子や盗難、災害時に離れ離れになってしまった愛犬や愛猫が、家族の元に帰って来られる可能性が高まります。

マイクロチップは一般的な皮下注射と変わらない処置で動物に負担をかけることなく体内に注入することができ、装着後の安全性も証明されています。

当院ではマイクロチップに関するご相談も受け付けております。

夜間診療

夜間の救急診療はこちらをご案内しております。

夜間診療

 

どうぶつの総合病院

埼玉県川口市にある動物病院です。

 

 

 

 

ひがし東京動物医療救急医療センター

東京都墨田区にある夜間救急病院です。当院はひがし東京夜間救急動物医療センターの協力病院です。

対象保険

当院は以下どうぶつ保険の対応病院です。ご来院時には保険証をお持ち下さい。

anicomバナー

i-petバナー

 対応クレジットカード

当院は以下クレジットカードのご利用が可能です

 

 クレジットカード